ムイネーってどこ?

ムイネーは南シナ海に面したベトナム南東部に位置するビーチリゾートの町です。ヤシの木が並ぶ長い砂浜の海岸沿いは、乾季には常に一定の風が吹いているため、ウィンドサーフィン、カイトサーフィン、セーリングなどのウォーター スポーツをする人々に特に人気のあるスポットとなっています。また、ホテルやレストラン、ショップが立ち並び活気溢れるこの一帯は、ホーチミン市民が週末を過ごす保養地としても知られています。この一帯の北側には、海岸と周囲の田園地帯を見渡すことができる広大な赤い砂丘と白い砂丘があり、その中には、砂丘に挟まれるように、緑色をしたシルバーレイクがあります。フェアリー ストリームは、海岸から内陸に向かって、赤粘土、切り立った石灰岩群、竹林を通って注ぐ川の流れです。王子の城(1911 年頃のフランス人の屋敷跡)がある丘陵地帯には、かつてこの地域を支配していた古代チャンパ王国の 9 世紀の遺跡、チャム塔があります。この近くには、有名な詩人グエン・トンの墓もあります。

ムイネー(ベトナム語: Phường Mũi Né)はベトナム南部、ビントゥアン省のファンティエットにある坊であり、南シナ海に面している。風光明媚なムイネービーチや砂丘などがあり、1995年頃よりリゾート地として開発された。年の平均気温は27℃程で冬場も暖かく、主に12月から5月が観光シーズンとなっている。

ベトナム+ビントゥアン省+ファンティエト+ムイネー